上海中医薬大学への海外研修

   

日本リラックスグループ上海中医薬大学研修

<上海中医薬大学>と提携。充実した海外研修で更なるスキルアップが可能です!

上海中医薬大学の前身ー上海中医学院は、1956年に創設された、中華人民共和国が設立後最初に開校した中国伝統医学大学4校の一つである。
当校の原点は、1917年に設立された上海中医専門学校に遡ることができる。1993年に上海中医薬大学と改名し、2003年に上海市浦東新区張江科学技術園内に校舎を移転。敷地面積37万㎡の広大なキャンパスを持つ。 大学には医学部、薬学部、鍼灸推掌学部、看護学部、国際教育学院、保健医療学部、健康福祉学部などの学部が設置されており、在校生は約8,000名。また大学の附属病院として、龍華病院・曙光病院・岳陽病院・上海中医病院など8か所を擁し、外来患者数は1日平均5万人にのぼる。
上海中医薬大学は現在、教授700名以上、中国科学院会員と中国工程院会員計3名、全国的範囲に最高水準の中医薬専門家76名、上海市名中医64名を有している。
「優等生、専門性、実力性」を建学理念とし、「教育研究型、特色型、国際型」に特化し、上海中医薬大学は全国一流、世界有数の中医薬高等教育機関をめざして時代とともに努力し続けている。

短期研修のご案内

課目名内容
中医学基礎理論中医哲学(陰陽五行)、人体構造(五臓六腑、気血津液)、病気が発生するメカニズム、体質チェック方法(望、聞、問、切)などの基礎理論を身につける。
中薬解表(風邪)薬、清熱薬、理気薬、関節痛薬、活血化薬、化痰止咳薬、温裏薬、化湿薬、安神薬、平肝潜陽(降圧)薬、補益強壮薬など、日常生活や病院で常用されている生薬の効能と使用方法を身につける。
薬膳中医学の理論に基づき、季節・体質・病証の応じて日常よく使う薬膳レシピの組み立て方法を身につける。
中医臨床中医内科、婦人科、小児科、皮膚科、腫瘍科などの臨床実習を通じて中医学の弁証論治を学ぶ。
解剖局所解剖から系統解剖まで骨格、筋肉、関節、神経、血管、臓器について学び、人体の構造を身につける。
鍼灸十二正経と督脈、任脈などの経路の走行ルート、および日常生活や病院に常用されているツボの効能を学び、中国鍼・灸・抜缶などの使用方法と臨床応用を身につける。
推掌(中国式マッサージ)一指禅などの推掌手技、及び肩凝り、五十肩、腰痛、美容、便秘などの推掌治療法を身につける。
その他受講者の希望に応じて太極拳や気功などの課目を設置。
   

<提携大学での海外研修や国家資格取得者の確かな指導が魅力です!>

提携している中国の医療系大学<上海中医薬大学>の、中国式マッサージの手技や理論を学べる「海外研修コース」。貴重な経験を積み、更なるスキルアップを目指せます。

   

研修の様子

大学の教授から施術を学びます。

休憩時間にカメラでワンショット。

大学の教授より直接指導を受けることができます。

専門の薬剤なども説明を受けることができます。

研修証明書を授与いただきました。多くの方に研修を受けていただきたいです!

研修証明書を授与いただきました。医学博士・教授より授与いただきました!

研修証明書を授与いただきました。とても良い研修が体験できます!

研修証明書を授与いただきました。貴重な研修をありがとうございます。

海外研修コース内容
217,800円(税込)3泊4日(事前ご予約が必要です)