短期研修のご案内
上海中医薬大学
 上海中医薬大学の前身―上海中医学院は、1956年に創設された、中華人民共和国が成立後最初に開校した中国伝統医学大学4校の一つである。当校の原点は、1917年に設立された上海中医専門学校に遡ることができる。1993年に上海中医薬大学と改名し、2003年に上海市浦東新区張江科学技術園内に校舎を移転。敷地面積37万㎡の広大なキャンパスを持つ。

大学には医学部、薬学部、鍼灸推拿学部、看護学部、国際教育学院、保健医療学部、健康福祉学部などの学部が設置されており、在校生は約8,000名。また大学の付属病院として、龍華病院・曙光病院・岳陽病院・上海中医病院など8か所を擁し、外来患者数は1日平均5万名にのぼる。
 上海中医薬大学は現在、教授700名以上、中国科学院会員と中国工程院会員計3名、全国的範囲に最高水準の中医薬専門家76名、上海市名中医64名を有している。
「優秀性、専門性、実力性」を建学理念とし、「教育研究型、特色型、国際型」に特化し、上海中医薬大学は全国一流、世界有数の中医薬高等教育機関をめざして時代とともに努力し続けている。
株式会社リラックスグループ
では、リラクゼーションの分野で活躍する全国の方々に、海外研修のお手伝いをさせていただきます。なお、現在リラックスグループで働いている方も定期的に中医薬大学での研修を行っております。
お客様の健康のために…
より高度な技術を習得するために。

日本語の通訳付で、本格的な中医学を学んでいただき、実践では推拿(中国式マッサージ)を体験していただきます。もちろん、オリジナルのカリキュラムを組むことも可能です。

海外短期研修の年齢制限は18歳(高校卒業以上)~70歳まで。健康な方であればどなたでもご参加いただけます。

SHUTCM logo

短期研修ご案内

中医学基礎理論 中医哲学(陰陽五行)、人体構造(五臓六腑、気血津液)、病気が発生するメカニズム、体質チェック方法(望、聞、問、切)などの基礎理論を身につける。
中薬 解表(風邪)薬、清熱薬、理気薬、袪風湿(関節痛)薬、活血化瘀薬、化痰止咳薬、温裏薬、化湿薬、安神薬、平肝潜陽(降圧)薬、補益強壮薬など、日常生活や病院で常用されている生薬の効能と使用方法を身につける。
薬膳 中医学の理論に基づき、季節・体質・病証に応じて日常よく使う薬膳レシピの組み立て方法を身につける。
中医臨床 中医内科、婦人科、小児科、皮膚科、腫瘍科などの臨床実習を通じて中医学の弁証論治を学ぶ。
解剖 局所解剖から系統解剖まで骨格、筋肉、関節、神経、血管、臓器について学び、人体の構造を身につける。
鍼灸 十二正経と督脈、任脈など経絡の走行ルート、および日常生活や病院に常用されているツボの効能を学び、中国鍼・灸・抜缶などの使用方法と臨床応用を身につける。
推拿(中国式マッサージ) 滾、摩、按、揉、揺、扳法、一指禅などの推拿手技、および肩凝り、五十肩、腰痛、美容、便秘などの推拿治療法を身につける。
その他 受講者の希望に応じて太極拳や気功などの課目を設置。
※また諸課目を組み合わせてカリキュラムを作ることが可能。
2018年11月26~28日にかけて
リラックスグループメンバー4名が
短期研修を受けてきました。
短期研修の様子
リラックスグループがサポートする海外短期研修
リラックスグループでは 2019/4/19(SUN) より、上海中医薬大学と連携して短期留学をサポートいたします。 ※4月分は締め切りました。次回は11月を予定しております。
 11月参加ご希望の方は、お早目にお問い合わせください。
時間割例
料 金
◆上記金額に含まれます◆
  • 航空券
  • ホテル3泊分
  • 中医薬大学授業料(修了証が発行されます)
  • 上海市内の交通費